香運アーティスト

【香運アーティスト】お香小説 お香歴史ミステリー小説 

【香運アーティスト】お香小説 お香歴史小説 匙を投げてしまっても…

 

お香を学べる薫習館(くんじゅうかん)の、
沈香木(じんこうぼく)です。
希少中の希少品です。
”ドラマティック沈香”と,
私はそう呼んでいます。
アップで撮ると大迫力です。

 

沈香(じんこう)の森です
沈香はお香の木です。
木そのものが香るのではなく、
木の中で熟成した樹脂が香ります。
ねっとり濃厚な香りがします。
撮影場所:京都松栄堂薫習館(しょうえいどうくんじゅうかん)

 

こちらの形状はごく普通の木に見えますね。
撮影場所:京都宇治市源氏物語ミュージアム

 

こちらは白檀(ビャクダン)香木です。
英名:サンダルウッドです。
甘くて爽やか、
日本人の心にスッと入ってくる香りです。
撮影場所:京都松栄堂薫習館(しょうえいどうくんじゅうかん)

 

お香が好きで、
古代史にハマっていて、
小説を書いています。

ミステリータッチのお香歴史小説です。

でも、なかなかまとまりがつきません。

匙を投げそうになると、

先生にメールでアドバイスを求めます。

すると先生はこんなお返事を私にくださいます。

 

♦︎1 ビッグアイデアについて。作品に最低でも三つ、出来たら五つはアイデアを出しましょう。それも売り物となるビッグアイデアと呼ばれるものをです。そのために私は一日中考え続けます。スティーブン・キングをはじめとするアメリカの大物小説家は、まさにそれで勝負しています。ビッグアイデアは大金で売れます。冒頭からビッグアイデアを使えたら、ヒット間違いなしです

 

♦︎2 大切な事は考える事です。考えて考えて考え抜くことが大切です。作品を書くことは考える事です。考える習慣を身につければ、必ず道はあります(工藤かずや先生より)

 

「考えて考えて考え抜くこと」には、

お香が一役買ってくれます。
お香を手元に置いていると、
考える時間が心地よくなり、
考えることが楽しくなります

先生のお言葉とお香のダブルの力を用いて、

ドラマティックなお香小説を、

この夏までに、仕上げたいと思っています。

 

白檀(ビャクダン)色々
気になる白檀はありますか?

 

更新しました!

1

”0.2秒のお香の力ー心の事件によく効くお香” お香の香りはわずか0.2秒の瞬息で、 心をまっすぐ整えて 気持ちをグンと上向かせます。 それが香りの力です。 香りの力は偉大です。 0.2秒の瞬息で、 ...

-香運アーティスト
-, , , , , , , , ,

© 2022 お香で香運ハピネスライフ