旅するお香

【旅するお香】悠久の歴史遺産を旅するお香 聖徳太子のお香を探して

【旅するお香】悠久の歴史遺産を旅するお香 聖徳太子の四天王寺の”お香"

 

柄香炉も手に持つ太子孝養像、よく目にします

 

四天王寺 中心伽藍 五重塔

 

先日、大阪の「四天王寺」を訪れました。

四天王寺は、
「今から1400年以前、推古天皇元年(593)に、
聖徳太子が建立された日本仏法最古の官寺です」
(四天王寺パンフレットより)

聖徳太子にまつわるお寺でありながら、
「法隆寺」は、
ユネスコの世界遺産に登録(1993年平成5年)をされ、
「四天王寺」は、
”6~7世紀の大陸の様式を今日に伝える貴重な建築様式”の格付けに留まります。

今回初めて実際に、足を運んだその結果、
法隆寺と四天王寺をとりまくその差に、納得がいきました。

 

こういうのは少し悲しいですね

 

 

聖徳太子の1400年記念事業まっさかり

 

 

憧れのお寺とお香でつながる旅も、
三井寺、法隆寺、圓満院、義仲寺、にひきつづき、 5ヶ所目となりました。
お香を求めてこれからも、
「お香でめぐる世界遺産」の旅はまだまだ続きます。

 

秘仏 聖徳太子16歳孝養像 特別御開帳中、でした

 

四天王寺・太子院こと聖霊院のお香(沈香-じんこう)です。

 

【旅するお香】悠久の歴史遺産を旅するお香 聖徳太子の法隆寺のお香

 

 

 

 

 

歴史遺産で薫かれるお香と出合うこと。

お香を学ぶそれが私の喜びです。

今日は「法隆寺」のお香と出合ってきました。

法隆寺の「聖霊院(しょうりょういん)」のお香です。

聖霊院には国宝秘仏聖徳太子像が安置されています。

聖霊院のお香について職員さんにお尋ねすると、意外なお答えが返りました。

「今は色々焚いています」

詳しくお伺いしたところ、
昨年、聖徳太子1400回忌の法要の際、
よそのお寺からお線香を、たくさんプレゼントされたそうです。

そこで今はそれらのお線香をランダムに、
焚いておられるというお話でした。

本日、
「聖霊院(しょうりょういん)」焚かれていましたお線香は、
吉野の『蔵王』と高野山の『かるかや』でした(写真)。

「お香の勉強をしています」と、
職員さんにお伝えしましたところ、
3本ずつお線香を私にくださいました。

信じられないくらいに「香福な」気持ちになりました♡

私の、歴史遺産とお香でつながる香運トリップは、まだ幕を開けたばかりです。

お香で幸せ運びます。お香で香運ハッピーライフは、一日5分のお香から♪

 

【お香YouTube】滋賀の名所YouTube  大津市小野町 小野妹子神社(唐臼山古墳)

【お香YouTube】滋賀の名所YouTube  大津市小野町 小野妹子神社(唐臼山古墳) 聖徳太子の遣隋使 小野妹子のお墓  【お香YouTube】滋賀の名所YouTube  大津市小野町 小野妹子 ...

続きを見る

 

【旅するお香】悠久の歴史遺産を旅するお香 和の精神 聖徳太子も愛したお香

【旅するお香】悠久の歴史遺産を旅するお香 お香と深い縁をもつ聖徳太子を巡る旅     沈香(じんこう)木 松栄堂・薫習館(くんじゅうかん)にて 『日本書紀』によれば推古天皇3年(5 ...

続きを見る

 

【旅するお香】お香と旅する地元の史跡 「鎌倉殿の13人」で熱い 滋賀県大津市義仲寺

  【旅するお香】お香と旅する地元の史跡 「鎌倉殿の13人」で熱い 滋賀県大津市義仲寺   松尾芭蕉の像が安置される義仲寺「翁堂」   日本文化の粋-スイを抽出したもの ...

続きを見る

 

 

-旅するお香

© 2022 お香で香運ハピネスライフ