輝く主婦のつくり方

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 輝く私の磨き方

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦以外の説明のつく何者か

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦を生きるということ

「主婦を生きるということ」

それは、庇護され、気軽で、緊張感の欠けた日常だろ、と、世間はそう想像しているかもしれない。

主婦の仕事は給金にはならない。

主婦の仕事は、家族の身辺をたえず整え、その身を輝かせること。

主婦を生きるということは、他のどの職業ともちがう、異質な生き方である。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦のセルフメンテナンス

主婦は笑顔が基本だと思われている。

そして、主婦の笑顔が、実はこの世界を回している。

それなのに、家族や世間は、主婦の壁には無頓着だ。

主婦は、家族や世間にかまけるのに、周囲は、主婦にかまけない。

だから主婦は、自分の傷に、自分で絆創膏を差し出しつづける。

誰も自分を助けないと、知っているかのように。

その、果てないやるせなさは、主婦を生きたことのある人だけのもの。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦のHYGGEはどこにある?

HYGGEのバイブル書です。
ステンシル調の北欧画が散りばめられていてとてもステキ。
身近においていつでも手にとり眺めたい一冊です。
画像をクリックするとAmazonサイトより購入できますよ。

 

「HYGGE」はデンマーク語で、居心地良くいられる状態のこと。

主婦の居心地の良さをつくるのは、本人だけにできること。

主婦の心のキャンドルに明るく火が灯ったら、主婦のHYGGEのできあがり。

家族みんなの居心地は、主婦の居心地からできている。

HYGGE発祥の地デンマーク

出典:Googleマップ

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 それが主婦の夢叶セオリー

遅くないから、今からでも、主婦は夢を見るべきだ。

主婦の見る夢だけが、主婦の内側を、真から温める。

ひとつ用心したいのは、叶うまで、夢のことは内密に。

心浮きたち、気持ちが高揚してきても、叶う前の夢だけは語らないこと。

主婦の夢が、家族はこわい。

夢見る主婦を、世間はこわがる。

それがセオリーだと、知っておく方がいい。

親しき仲にも近況報告なし。

それが主婦の夢叶セオリー。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 規格外の主婦になる

今からあなたは、規格外の主婦になる。

外から見たら、いつもと変わらぬ主婦だけど、水面下ではそうじゃない。

外側は、主婦の規格に収まりながら、内側で、主婦の規格を一歩出る。

その小さな積み重ねが、近い未来にあなたを、主婦以外の何者かにします。

主婦はいつか主婦でなくなる日が来ます。

主婦でなくなる日が来ても、個人としてのあなたの人生は続いていくのです。

その日のために、今できることがある。

自分の夢を生きている限り、主婦はもう、果てないやるせなさとは、無縁です。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 ひとりの時間に主婦再生

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 家事ならひとまずそこに残して

平日の娘が登校したあとのひとりの家が私は怖い。

なぜならそこは、私にとって、主婦の使命の勝ちすぎる場所だから。

流しに残された食器、目につく床のちり、ミシンで縫いかけのマスク…

たとえ急ぎでなくても、見ないふりできない主婦の使命は、家のそこかしこに満ちていて、うっかり絡めとられると、たちまち、個人としての使命を、私は忘れる。

平日の朝のひとりの家に私は怯える。

うっかり長居をせぬように、家事ならひとまずそこに残して、私は朝の家を出たい。

ショルダーバッグに詰めるのはノートと筆記具、そのほか自分にとっての課題。

そしてとにかくどこかへ、個人の使命の勝つ場所を目指す。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 平日の朝のカフェ

私は、勤め人でも学生でもないけれど、電車の定期券を持っている。

娘が登校したあとで、最寄りの駅から京都まで、私は朝のラッシュにもまれる。

それぞれに確かな肩書をもつ人たちの中にいて、主婦の私は不確定。

人から見たら得体の知れない異物であるはず。

平日の朝に、私が向かう先は、カフェ。

そこで私がしていることは、主婦に必要な3つのR。

「Reset(リセット)」「Recharge(リチャージ)」「Renewal(リニューアル)」。

平日の朝のカフェには主婦がいない。

その時間、規格内の主婦たちは家事にかまけて忙しい。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 100%自分にかまける

私も昔はそうだった。

けれど今、規格を外れた主婦の私は、この時間、100%自分にかまける。

平日の朝のカフェで、ひとり無口に主婦の私は、何度も自己を再生させる。

そうすると決めてひとりでここへ来た。

ここでなら主婦と名のつく上着をぬいで、私は素直な自分に会える。

果断して手に入れた優越感に包まれながら。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦ひとり孤高の力

主婦は自分で何をどこまで決められるだろう?

思い切るのは後ろめたい。

人より勝ると思うと醜い。

安心な足場を壊せば愛されないと思い込みながら生きてきた。

でももうそろそろ、そんなことは止めにして、主婦の規格を一歩出て、人とは違う自分でいたい。

平日の朝のカフェに押される背中。

「家事ならひとまずそこに残して平日の朝のカフェでひとりになろう」。

ひとりのカフェで主婦再生。

主婦が、ひとり無口に孤高の力を究めたら、さあ次はいったいどこへ行けるだろう?https://one-person-rebirth.com/wp-admin/edit.php

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 専業主婦の自分時間

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 make me shine!

主婦の私のひとり時間は、イコール私の生きがいです。

ひとりの時間があるから私は夢を見たり叶えたり、していくことができるのです。

もしもひとりの時間がなければ、
私はたちまち元気をなくし、夫に当たり、子どもを叱り、可愛げのない鬼婆のようにになるでしょう。

主婦にはひとりの時間が必要です。

堂々とひとりの時間を持つことの許可が下りない主婦こそが胸を張って生き生きとひとりの時間に輝くことが本当です。

だから私はひとりの時間に精いっぱい自分の輝き磨きをしています。

主婦がひとりの時間をどう使おうが世間はあまり気に留めません。

それならいっそ遠慮はやめて自分のためにフルに活かせるひとり時間にしたいものです。

ひとりの時間は自分の輝き磨きのために使う。

そう決めて始めてしまった主婦から先にどんどん自由に自分らしく生まれ変わっていくのです。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 自分に眠る輝き見つけに…

心のキャンドル

主婦のひとり時間を自分のために使う自分時間。

自分時間に主婦は何をしてもいいのです。

何をしてもいいと言われて、すぐに動ける人はほとんどいません。

家族のため、周囲のためになら、フットワークの軽い主婦でも、自分のことになるとよくわかりません。

ひとり時間に自分は何がしたいかを見つけて初めて、主婦の自分時間は意味を持ちます。

自分は何がしたいのだろう?

自分らしさはどんなだろう?

自分のために今できることは何だろう?

いつもそれについて考えてみることが大切です。

自分に眠る輝きはひとりの時間に見つかります。

自分についてこれまで以上によく知ることが輝く主婦になるための第一歩です。

主婦のひとり時間は主婦の自分研究時間です。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 自分について言語化しよう

主婦の私が自分のことをよく知るためには、頭の言葉のデトックスが欠かせません。

「頭の言葉のデトックス」、これは私の造語です。

方法はシンプルです。

1、ひとりになる 心理的に人と隔たりましょう
2、心ひとつと向き合う 思索にふけり内観・内省しましょう
3、思いを降らす 頭のなかに湧く感情に集中しましょう
4、思いに形を与える 頭に浮かぶ言葉をメモしましょう

これを毎日続けていると、自分の本音が見える化できます。

素直な本音が見える化できると、自分について言語化できます。

自分について言葉にできたら、今の自分の立ち位置がわかります。

今の自分の状態がわかると、今の自分が何をするべきかが見えてくるのです。

頭の言葉のデトックスに必要な道具はただ2つ。

筆記具とノートです。

頭の言葉のデトックス専用のマイノートがあるといいですね。


【大学ノート】
東京大学の前の松屋という文房具屋で1884年(明治17年)に売り出された。当時としては珍しい洋紙(フールスキャップという)が使われ、表紙に細かい毛が入った紙を使用し、庶民にはあまりに高価で帝大生ほど学問が出来なくては使えないということで次第に大学ノートと言われるようになったのが名前の由来と言われている。

出典:ウィキペディア ノートブック

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 この身に降る輝き

ひとりの時間に降ってくる自分の輝きを感じてみましょう。

自分に眠る輝きはひとりの時間に降ってきます。

あなたに眠る輝きは言葉となって降ってきます。

それはまるで降る雪のように、あとからあとからやってきます。

降らせるままにしておくのはとてももったいないことです。

なぜなら思いは消えものでその都度貯めておかないと、溶けて二度と戻りません。

ですから思いが降るたびに、それを余さずメモ書きしましょう。

しばらくするとノートの中いっぱいに、あなたの輝きがストックされます。

たくさんあるけどその中で、ひときわ光を放つものがあるなら、それがあなたの専門性です。

専門性はあなただけのオリジナリティー。

それは、強みや得意や持ち味のこと。

そこには本物のあなたが詰まっています。

磨きをかけた専門性が未来永劫あなたを輝かせる素になります。

専門性は見つけるところまでが難しいけど、一度見つけてしまえたら、どんどん磨きをかけるだけ。

その途中を楽しんでブラッシュアップを続けましょう。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦の輝き錬金術

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 ひとり時間に自分に眠る輝き磨き

私は滋賀県の琵琶湖畔で10歳の娘を育てる40代の子育て専業主婦です。

私は主婦のひとり時間をとても大切にしています。

以前はパート勤めにでていました。

けれど3年前にそれを止め、今は、平日、娘が登校したあとの、ひとりの時間を、自分のことのために使うようになりました。

主婦が、ひとりの時間を自分のために使えたら、いったいどんな奇跡が起こると思いますか?

この3年間私はそれを自分で実験してきました。

実験結果は上々です。

私はこの3年間で、自分に眠る輝きを、見つけて磨いてお金に変えられるまでになりました。

自分でも驚くくらいのビフォアアフターです。

でもこれはまだほんの始まりにすぎないこともわかっています。

自分に眠る輝きの内、今の私が活かせているのは、30%くらいでしょうか。

私に眠る輝きはまだまだ磨く余地ありです。

自分に眠る輝き磨きは、このさきずっと終わらせたくない、私のライフワークです。

そんな私の一日を、今日は表にまとめてみました。

ぜひ一度、どうかご覧になってみてくださいね。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 輝く主婦はひとりの時間につくられる

5:00 起床
5:00:~ 家の床とトイレを磨く 身支度 朝食準備
6:00 娘起床
6:00~ 朝食 娘と語らい 家事
7:30 娘登校
7:30~7:45 ヒアリング英語の独習
7:50 自宅出発
8:02 電車乗車(唐崎駅~京都駅)
8:25~ スターバックス京都タワーサンド店にて勉強

午前8:20分の京都駅。

特定のオフィスなどを持たない働き方をする人、働き方。

出典:ウィキペディア ノマド

ティーラテ・アールグレイ・ノンシロップが私の定番です。

10:00 ARC OASIS京都店にて色鉛筆購入
10:41 電車乗車(京都駅~大津京)
11:00~ イオン内未来書店ブックカフェにて勉強&読書
13:30~ 徒歩で帰宅(40分)途中スーパーで買出し
16:00 娘帰宅
16:00~ 家事 夕食準備 ブログ執筆
18:00 夕食
19:00~ 家事仕上げ SNS配信 入浴
22:00 ベッドタイムストーリー 就寝

水彩色鉛筆をバラで購入。気持ちが弾みます!

 

自分のコンテンツを書き出してまとめることも輝き磨きのひとつです。

以上が私の昨日一日のスケジュールでした。

主婦のひとり時間を大切に。

輝く主婦はひとりの時間につくられますから。

それが主婦の輝き錬金術です。

主婦のアウトプットライフ

アウトプットの訓練はウェブサイトのお城から

続きを見る

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 夫婦仲良くしたい主婦

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 本物の自分を生きましょう

私がよく行くブックカフェは内装がとても洒落ています。

今日も私は朝からひとりで街のカフェに出かけていました。

主婦の私の平日の朝はたいていカフェ通いです。

カフェの席で朝から主婦が何をしているかというと、起業のための勉強です。

主婦の私はもう何年も起業のための準備をすすめてきました。

でもなかなか実を結ばず、今は起業のための2つのコンサルテーションを受けています。

そのコンサルで出される課題に取り組むために、私には平日の朝のカフェという場が必要なのです。

本日の私のカフェルート

出典:Googleマップ

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦と名のつく仮面をとって

主婦のWeb起業の実現のため、今の私にはどうしても、ひとりの時間が必要なのです。

ひとりの時間を確保するため、パート勤めは3年前に止めました。

それと同時に夫の単身赴任が決まり、ひとりの時間を私はたくさん持てるようになりました。

ひとりの時間をまだあまり持てなかった頃の私は仮面をかぶって生きていました。

そのときはそのことにまだ気づけていませんでした。

でも、なんとなくいつもイライラしていたし、ワケもなく子どもを叱りつけていました。

そして夫にたいしては敵意に近い気持ちを抱えて接していました。

だからもちろん、優しい妻であるはずもなく、ピリピリした怒り顔の妻でした。

本当はこんな私じゃないはずなのに、もっと明るくおっとりしていて夢をたくさん持つ人なのに…

そのときの私はすでに半分自分を失いかけていました。

でもどうしたら本物の自分にまた会えるのか、まるでわかりませんでした。

もしもあのまま本物の自分を失いながら今でも生きていたとしたら、私は壊れていたかもしれません。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 夫婦仲よくしたいけど ありのままで生きてみよう

ひとりの時間を自分のために使っていると、いつも本物の自分でいられます。

本物の自分を取り戻せた私は前より強い心になりました。

今では仮面をかぶることなく、自分の本音を怖れず言えるようになりました。

夫にも自分の気持をしっかり言います。

反対されたらどうしよう、叱られたらどうしよう、出て行けと言われたらどうしよう…

以前なら気になり仕方がなかったことも、今ではすっかり平気です。

本物の自分を見せられるようになったことが、私の自立につながりました。

このままもう少し頑張れば夫婦仲良くなれる日がまたくるかもしれません。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 ひとりの時間を全力で生きていこう

主婦が自分の仮面をとって本音の自分をさらけだしたら、その日から主婦の自立はスタートします。

そのために必要なのは、ただひとつ、主婦が自分に自信を持つことではないでしょうか?

自分に自信を持つために私が選んだ方法は、主婦のWeb起業です。

そのためにひとりの時間を全力で使っている今の私は、今までにないくらい、本物の自分を生きています。

主婦のひとり時間勉強家

それだから、叶う前の夢などは、夫に語らない方がいい

続きを見る

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 Solo time professional

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 難しくないこと、容易くないこと

大津市にスターバックスはわずかです

娘の忘れ物を届けながらその足でスターバックスブランチ大津京店に来ています。

凍てつくような寒さにひるみ出足がつい鈍りそうになる冬の朝、娘の忘れ物に私の重い腰が上がります。

毎日、ひとりになるため、ひとり時間を作るため、私はあれこれ工夫をします。

子供がひとり、夫は単身赴任の私にとって、ひとりの時間を持つことは難しくありません。

容易くないのは、その先の、ひとり時間の使い方、ひとり時間の活かし方です。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 自分の本物に会う時間

いつも周りに人がいて静かにものを考えられないとき、無性にひとりになりたくなります。

ひとりになって落ち着いて自分の心を整えたいと思います。

ひとりの時間というのはやはり誰にとっても必要なもの。

もしもそれが持てないと本物の自分に戻れません。

【主婦にひとり時間】主婦のひとり時間 ときには厳しいこともある

それでも大津は琵琶湖があるから大好きです

Googleマップ:琵琶湖汽船

 

ひとりの時間というものは自分自身の本物とじっくり話し合うためのもの。

ですから、貴重なひとりの時間に、よそごとばかりするのはやめましょう。

ぼんやりとネットサーフィンをしても30分。

いつか英語圏に住みたいからヒアリングテープを聴いても30分。

どちらも同じ30分。

どちらが自分により良いかは、自分がいちばんわかっています。

容易くないのは、ひとり時間の使い方、ひとり時間の活かし方です。

時間の質を高めるのも下げるのもどちらも自分しだいです。

自分が自分に許してしまう、小さな甘え、言い訳、逃げ道で、ひとりの時間は台無しです。

たとえ、ひとり時間を上手に使いこなせなくても、叱る人は誰もいません。

そこが、ひとり時間の厳しさです。

すべては自分しだい。鍵を握るのは唯一自分。

ひとりの時間を使うこと活かすことは意外と忍耐のいることです。

そのことをいつも胸に留めながら、私は主婦のひとり時間専門家をしています。

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 決めよう3つの覚悟

もしあなたが、主婦のひとりの時間専門家になりたいのなら、以下の3つの覚悟が必要です。

1、無口になる覚悟

2、ばんそうこうを持つ覚悟

3、規格外になる覚悟

表にして少し補足をしてみます。

ひとり時間専門家に必要な3つの覚悟 覚悟の詳細
1、無口になる覚悟 ひとり時間に自分が何をしているか、人に話さないということです。すべて自分の内側だけで密かに進めなくてはなりません。特にパートナーや家族や友人など、身近な人にはご法度です。
2、ばんそうこうを持つ覚悟 ひとり時間に生じる心の傷はセルフケアする他ないということです。思うようにならないことや迷いやショックが自分に起きても、ひとりで対処するということです。間違っても自分以外の人や物やコトに頼ろうとしてはいけません。
3、規格外になる覚悟 ひとり時間を究めると本物の自分としてしか生きられなくなります。そのとき周囲は驚いて元のあなたに戻るよう嘆いて見せたり説得したりしてくるはずです。それに従い規格内に収まるワケにはいきません。それではゼロから振り出しです。

以上の3つの覚悟があれば、あなたはすぐにも、ひとり時間の専門家です。

主婦のひとり時間は寂しく辛いときもあります。

でもそれさえ乗り越えたなら、計り知れない恩恵が、あなたの手に入るでしょう。

ひとりの時間をフルに活かして孤高のチカラを究めたあなたに怖れるものは何もない。

そのときの気持ちを想像してみてください。

主婦のひとり時間専門家へとつづく道。

いつでもそれをあなたは私に聞くことができます。

あなたより、今の私は少しだけ、ひとり時間遣いのプロです。

マイノートのお城

マイノートの個室。それはポータブルな安全地帯です。

続きを見る

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 40代子育て主婦の笑顔な未来!

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 未来につながる主婦の輝き錬金術

主婦の私がひとりの時間にしていることは自立のための勉強です。

私はこの3年間、時間とお金が許す限り精一杯、自分にかまけて暮らしてきました。

私が思う信条は、

1、誰も自分を救えない

2、輝きはひとりの時間に降ってくる

3、主婦が輝くと家族が輝くの3つです。

主婦の私が今ひとりの時間にしていることが未来の自分を笑顔にします。

未来に笑っていたいから今の私は踏ん張れます。

おススメアイテム

ひとり時間の勉強タイムにたいへんオススメ。
手のひらサイズのLEDデスクライトです。
カフェで勉強していると「どこで買ったのですか?」と、
たびたび人に聞かれます。
充電式です。
懐中電灯代わりにもなりますよ。

画像をクリックするとアマゾンから購入できます

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 プロから学びいつか自分もプロになる

近い未来に自分の足で立つために、私は今、具体的に3つのことをしています。

1、文章サロンふみサロで文筆力磨き

2、主婦のためのはじめてのweb起業でブログ構築とマーケティング、アルゴリズムの技習得

3、初めてコンテンツを売る人が営業せずに売り上げを上げられるセミナーでブランディング商品づくり

以上の3つの勉強で今の私の毎日は飛ぶようにすぎています。

プロから習うものですから金額もなかなか高額です。

それでもいつまでも躊躇してやりたいことをやれないままでいたくないから、エイっと申し込むのです。

そうして始めてしまえば必ずその先に笑顔の自分が待っています。

認知されていないブランドを育て上げる、あるいはブランド構成要素を強化し、活性・維持管理していく手法でもある。

出典:ブランディング ウィキペディア

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 主婦に遠慮はもういらない

未来の自分に投資する

主婦にはそれが大切なのに、なかなか始められません。

パートナーに遠慮があるからです。

パートナーの収入で私は生きられているのだから裏切るみたいで後ろめたい。

自分だけが夢を叶えてパートナーよりさきに輝くなんてしたらいけない。

今のあなたはこんな遠慮を感じてませんか?

主婦は清く正しく美しく笑顔でなんでも引き受けよう。

それはあなたの望みではなくパートナーと周囲の身内が望むことではないですか?

【主婦のひとり時間】主婦のひとり時間 力をぬいてHYGGEに語り合えたなら

本物のあなたは今どこですか?

最後にそれを考えてみたのはいつですか?

探してみましょう今すぐにでも。

あなたがすることはひとつだけ。

ひとりの時間をつくることです。

まずはそれをしてみましょう。

その次なにをしたらいいかはいっしょにこれから考えましょう。

この私の役割は、あなたの心をあなたといっしょに深くのぞきに行くことです。

ひとりで見つからないことも私と一いっしょなら見つかります。

私はあなたにとっては他人です。

でもだからこそあなたに眠る輝きを客観的に見つけます。

力をぬいてなんでもお話ししてみましょぅ。

ノートメソッド

  コンセプト 当メソッドは マイノートの中でお城をつくって ひとり時間に10歳若返る生き方を 始めるためのレッスンです   レッスン内容 全3回のレッスンです セッション 内容 ...

続きを見る

メルマガでは最新情報などを配信しています。登録も解除も無料ですので、お気軽にご登録してみてください。

お申込 お問合せ

 

長文となりました。

長らくのご拝読を心より感謝いたします!

2021年1月20日
主婦のひとり時間専門家 三宅千秋 みやけちあき


  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-輝く主婦のつくり方

© 2021 主婦のひとり時間専門家