『24色のエッセイ』好評発売中ー私も2作品収録中です

 

輝く主婦のつくり方

【目の疲れとる】目の疲れとる アイライフシフト

【目の疲れとる】目の疲れとる 3つのワーク

私は40代の子育て主婦です。

駆け出しのウェブ起業家でもある、私のパソコンワークの時間は、
午前に2時間、午後に2時間の計4時間です。

幼い頃から視力が悪く、
2年前には網膜剥離を起こした私は、日頃、目のケアに気を配っています。

Webで起業をしていくからにはパソコンワークは必須です。

理想の「ライフワーク」と「瞳の健全」

どちらも守り抜くために、私は毎日、3つのワークをしています。

1、眼圧リセット

2、はちみつ目薬

3、1分間目を閉じる

1、2、3はどれも本から得た知識です。

※紹介のためにamazonのリンクを貼らせていただきますね。

眼圧リセットのための6つのエクササイズはお手軽です

パソコンワークの合間に目を健やかに保つための知識も満載です

私は昨日、菩提樹のはちみつを購入しました
綿棒にすくい取り下まぶたの内側にチョンと乗せ目を閉じます
すると未知なる体験が待っていました

読めばすぐにでもはちみつを買いに行きたくなること必至です

 

単発セッション

専業主婦の選択肢はひとつではありません。

決められた定点から思い切って離れてみることもできるのです。

そのために、ひとつ勇気をだしましょう。

冒険と引きかえに家庭に引っ込むことを決めてしまった主婦たちと、
違った風に生きてみることもできるのです。

何でもチアフル相談室

※単発セッションが、主婦の自立と主婦のウェブ起業のための第一歩です

 

単発セッション 

【目の疲れとる】目の疲れとる 輝くあなたのつくり方

一冊の本はチャンスで転機で好機です。

読んでもちろん書いても然り。

一冊の本で人生変わります。

私は専業主婦ですが、本の出版を目指しています。

「専業主婦が何を書いたら本になる?」

そんな声があちこちから聞こえてきそうです。

主婦の頭の中にだって書きたいことは詰まっています。

主婦以外の誰にとってももちろんそれは同じこと。

ノートをひらきペンを執り素直な思いをつづりましょう。

もしかしたら、知らない自分が、そこにはいるかもしれません。

それが、輝くあなたのつくり方。

自分についてのエッセイを、あなたも書いてみませんか?

恋をして人は成長するようにエッセイを書いて人は開花します。

来る6月末ごろに、私もひとりの著者になります。

出版される本の名は『24色のエッセイ』です。

文章サロン「ふみサロ」のメンバー24名による共著です。

今、一冊のエッセイ集が私の人生を、
大きく強く誇らしく変えてくれようとしています。

 

関連記事

 

【生きづらい】生きづらい世の中 エッセイ療法

【生きづらい】生きづらい世の中 主婦×カフェの朝活 もくじ 【生きづらい】生きづらい世の中 主婦×カフェの朝活【生きづらい】生きづらい世の中 出版魔法【生きづらい】生きづらい世の中 エッセイ療法 コロ ...

続きを見る

 

 

 

表示数

  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-輝く主婦のつくり方

© 2021 主婦のひとり時間専門家