【刊行記念オンラインセミナー0810】のお知らせ

「エッセイルネサンス」
月一の木曜20時の自己対峙
恋をして人は成長するように、
エッセイを書いて人は開花します。

月一の木曜20時の「ふみサロ」が、
このたび、エッセイ集になりました!
開催決定
【刊行記念オンラインセミナー0810】
書く再生時間
この夏あなたも「ふみサロ」で…

※詳細お問合せはこちらから

 

輝く主婦のつくり方

主婦パートおすすめなのは辞めてみること

それまでなかった選択肢を自分に与えることにしたのです

本当にそれがあなたがしたいこと?

家族が仕事に学校に、出かけて行ったあとの時間は、主婦のひとり時間です。

平日の朝のその自由な時間を主婦は自分の思いのままに使えます。

それでもたぶん、多くの主婦は食器を洗って洗濯を干し、散らかる部屋を片付けます。

それから仕事やパートに出かける準備に取り掛かるのでしょう。

家事をこなして家計を潤し、主婦は家族や他人にかまけることに大忙しです。

でも一度立ち止まり、自分の本音を奥深くまで、じっとのぞいて見てください。

目をそらさずに深く深くを探っていくと、かすかな感情に気が付きます。

「本当にそれがあなたがしたいこと?」

自分次第。未知で果てなく無限です

私は3年前から専業主婦をしています。

それまでは、ちょこちょことパートに出ていました。

それをあるとき辞めたのは主婦のひとり時間の可能性に気が付いたからです。

主婦のひとり時間といえば、夫や子供が出かける、平日の朝から夕方です。

家事をしても良し、パートに出ても良し、やりたかったことをしても良し。

主婦に与えられたひとりの時間は自分次第。

未知で果てなく無限です。

主婦のひとり時間専門家になりました

主婦の未来の行き先はひとりの時間につくられます。

主婦が家族や他人にたいするより多く自分にかまけてみたらどうなる?

ある時それを考え出したら止まらなくなりました。

普段は自分を後回しにして周囲を立てることに一生懸命になるのが主婦というもの。

でも、その規格を一歩出てみたら、さあ、何が起きるのか?

私はそれが知りたくて、ひとりの時間にコツコツと、孤高の力を究めることをはじめました。

そして今、「主婦のひとり時間専門家」になりました。

それまでなかった選択肢を自分に与えてみることにしたのです。

表示数

  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-輝く主婦のつくり方

© 2021 主婦のひとり時間専門家