【刊行記念オンラインセミナー0810】のお知らせ

「エッセイルネサンス」
月一の木曜20時の自己対峙
恋をして人は成長するように、
エッセイを書いて人は開花します。

月一の木曜20時の「ふみサロ」が、
このたび、エッセイ集になりました!
開催決定
【刊行記念オンラインセミナー0810】
書く再生時間
この夏あなたも「ふみサロ」で…

※詳細お問合せはこちらから

 

輝く主婦のつくり方

主婦の人生やり直し

主婦の人生はつまらなくない!

「パートが無ければ妻は暇」が悔しくて

私がまだパートに出ていた頃のお話です。

3年前まで、私は平日に4日ほど客室清掃のパート勤めをしていました。

なぜ働いていたのかというと、自分の小遣いが欲しかったのと、

暇を持て余していると夫に思われたくなかったからです。

「パートが無ければ妻は暇」

夫は口に出しませんが、たぶん、心のどこかでそう思っていたはずです。

働きに出ている自分の知り合いの奥さんのことを、よく褒めていました。

それで私もなんとなくいたたまれずにパート勤めを始めたのです。

それでもいつまでも、悔しい気持ちが消えずに残りました。

パートに出ないひとりの時間に主婦再生

「パートが無ければ妻は暇」

夫にそう思われていると思うと腹が立ち、惨めな気持ちになります。

「見返してやりたい!」

「パートに出ていなくてもやりたいことが私にはある!!」

そう強く思ったそのときに、私は決意しました。

「パートにはもう出ない!」

そうして、その日から今日まで、私は自分のために時間を使う主婦になりました。

目指すのは、自分の好きと強みと得意で、主婦のWeb起業家になることです。

仕方なくパートに充てていた時間を、未来の自分のために使う。

そんな今の生き方が、私はとても気に入っています。

パート勤めは、収入もありますし、忍耐強さも身につきます。

それでも、主婦にはもっと違う場所に、自分らしく輝ける道が待っています。

私はそれを信じて「主婦のひとり時間専門家」の道を進んでいます。

「パートに出ないひとりの時間に主婦再生」

それが、主婦に秘められた可能性を引き出す、今、いちばんのセオリーである。

私はそう思っています。

表示数

  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-輝く主婦のつくり方

© 2021 主婦のひとり時間専門家