輝く主婦のつくり方

【専業主婦自分の時間】専業主婦自分の時間 自分を研究しています。

【専業主婦自分の時間】専業主婦自分の時間 主婦が輝くと家族が輝く

【専業主婦自分の時間】専業主婦自分の時間 ビジネス写真を撮りに行く

ひとり時間本音の自分に会いに行こう

今年も間もなく年の瀬です。

小学校の給食も今年は昨日で終了でした。

今日から娘は午前の帰宅。

娘の帰宅に合わせて私も普段以上にひとりの時間に自分の予定を詰め込みます。

年内までに済ませたい主婦の私のto do リスト、そこに残るは3つの用件。

そのうちのひとつを今日はこなします。

それは、ビジネス用の写真を撮りに写真館へ行くことです。

専業主婦の私にどうしてビジネス用の写真が要るのか?

それは誰にとっても疑問でしょう。

でもそれが今の私のto do リストに載ったこと。

私は最近自分のビジネスを立ち上げました。

そちらのプロフィール画像にこれまではスナップ写真を使っていました。

でもそれを今回プロの方に撮っていただくことにしました。

それが主婦の私のビジネス写真のワケでした。

今日撮影した写真は28日に仕上がります。

to doリストのひとつをコンプリートです。

古民家風で味わいのある琵琶湖畔の写真館でした。

出典:Googleマップ 尾松写真館

【専業主婦自分の時間】専業主婦自分の時間 自分時間は「夢叶時間」

自分に眠る輝きはひとりの時間に磨くもの

主婦の私のひとり時間は、イコール私の生きがいです。

ひとりの時間があるから私は夢を見たり叶えたり、していくことができるのです。

もしもひとりの時間がなければ、
私はたちまち元気をなくし、夫に当たり、子どもを叱り、可愛げのない鬼婆のようにになるでしょう。

主婦にはひとりの時間が必要です。

堂々とひとりの時間を持つことの許可が下りない主婦こそが胸を張って生き生きとひとりの時間に輝くことが本当です。

だから私はひとりの時間に精いっぱい自分の輝き磨きをしています。

主婦がひとりの時間をどう使おうが世間はあまり気に留めません。

それならいっそ遠慮はやめて自分のためにフルに活かせるひとり時間にしたいものです。

ひとりの時間は自分の輝き磨きのために使う。

そう決めて始めてしまった主婦から先にどんどん自由に自分らしく生まれ変わっていくのです。

【専業主婦自分の時間】専業主婦自分の時間 自分に眠る輝き見つけに…

心のキャンドル

主婦のひとり時間を自分のために使う自分時間。

自分時間に主婦は何をしてもいいのです。

何をしてもいいと言われて、すぐに動ける人はほとんどいません。

家族のため、周囲のためになら、フットワークの軽い主婦でも、自分のことになるとよくわかりません。

ひとり時間に自分は何がしたいかを見つけて初めて、主婦の自分時間は意味を持ちます。

自分は何がしたいのだろう?

自分らしさはどんなだろう?

自分のために今できることは何だろう?

いつもそれについて考えてみることが大切です。

自分に眠る輝きはひとりの時間に見つかります。

自分についてこれまで以上によく知ることが輝く主婦になるための第一歩です。

主婦のひとり時間は主婦の自分研究時間です。

LICHT

ひとりの時間に主婦きらめく。

ただ今こんなセッションをしています。

 

  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-輝く主婦のつくり方

© 2021 主婦のひとり時間専門家