お香ミニマリスト思考

【なろうお香小説家】なろうお香小説家かもり なろうお香小説家への道

こんにちは、かもりちあきです。

私は、お話に必ずお香が登場する小説を書く。
お香小説家を目指しています。

所属している小説グループ「プロ作家養成サロン」に、
毎日投稿している記事をまとめたものものがこちらです。

写真を取り入れにぎやかな記事にしたいと思っています。

お香と小説が出合うととどんな世界が展開するのか!?

投稿をしながら徐々に自分自身わかっていけたら幸いです。

 

【なろうお香小説家】 なろうお香小説家かもり 心得その4 応募で始まる

 

3つの「かおりBOX」その3。
BOX1、2、3はそれぞれ違った香りで満ちています。
お香を学べる松栄堂の薫習館-くんじゅうかんにて

 

 

松栄堂の”しおり型の紙製匂い袋「ふみか」”です。

ほのかに香る読書がステキ♡

 

準備体操が長すぎた私の背中を押したもの。

それはプロ作家養成サロンのメンバーです。

今朝「100文字小説」に応募をしました。

162文字超はアウトで私は150文字でした。

「なろう!お香小説家」

言うだけタダなら言わなきゃソンです。

カミングアウトで始めてみよう!

香りの力も借りてみよう!!

お香グッズも元気をくれる♡

 

【なろうお香小説家】 なろうお香小説家かもり 心得その3 小説の世界観と近い場所でメモを取る

 

なろうお香小説家 心得その3 小説の世界観と近い場所でメモを取る

 

こんにちは、かもりです。

滋賀県大津は湿度が高い一日です。

紫式部が1週間そこに篭って「源氏物語」のイメージを膨らませたという、
石山寺・源氏の間を訪れました。

紫式部にあやかり私も境内を散策しながら小説のネタをメモして歩きました。

書きたい小説の世界観と近い場所に行くといいなと感じました。

写真は、

・苔むす石が美しい境内と

・売店で焚いていただいたお香です。

これからメモを清書します!

 

【なろうお香小説家】 なろうお香小説家かもり 心得その2 NHK大河ドラマの周囲が熱い

 

なろうお香小説家 心得その1 NHK大河ドラマの周囲が熱い

 

こんにちは、かもりです。

前回の講義の中で、
NHK大河ドラマの周辺の話題が熱いと、
工藤先生はお話されておられました。

2024年のNHK大河ドラマのタイトルは『光る君へ』。

紫式部の生涯を描いた作品となるそうです。

私が暮らす滋賀県大津市に「石山寺」というお寺があります。

紫式部が『源氏物語』の着想を得た寺とされています。

『源氏物語』の中にはお香が数多登場します。

源氏物語とお香の小説…書いてみたい気持ちがあります。

2024年の放映に間に合うよう、聖徳太子のお話と並行を試みようと思っています。

写真は、「石山寺・本堂」脇のスペース部分の展示です。  

 

【なろうお香小説家】 なろうお香小説家かもり 心得その1 気になる本のタイトル集め

 

なろうお香小説家 心得その1 気になる本のタイトル集め

 

こんにちは、かもりです。

書店で自分が気になる本のタイトル集めをしてみました。

・山女日記-やまおんなにっき

・出会いなおし

・生きるぼくら

・木曜日にはココアを

・満月喫茶店の星詠み

・雨心中

・おひとりからのしずかな京都

・日本でしか観られない世界の名画

・安心感

まだまだ気になるタイトルがいっぱいでした。

 

写真は、
京都・鳩居堂-きゅうきょどうの愛らしい香立ていろいろ

 

 

 

更新しました!

1

”0.2秒のお香の力ー心の事件によく効くお香” お香の香りはわずか0.2秒の瞬息で、 心をまっすぐ整えて 気持ちをグンと上向かせます。 それが香りの力です。 香りの力は偉大です。 0.2秒の瞬息で、 ...

-お香ミニマリスト思考

© 2022 お香で香運ハピネスライフ