『24色のエッセイ』好評発売中ー私も2作品収録中です

 

主婦の朝活

【スタバ朝活】スタバ朝活 主婦以外の何者か

【スタバ朝活】スタバ朝活 朝のスタバ×専業主婦

自分も知らない私を探しに

平日の朝のスターバックスブランチ大津京店に来ています。

店員さんにおススメされて、今朝は「ローズ アリュールティー」を注文しました。

花びらのお茶ということで、ふたを開けるとフワリととてもいい香りです。

8時のオープン時間と同時に、私はお店に到着しました。

「これからお仕事ですか?」と店員さんが尋ねます。

「いいえ、仕事はしていないのです」と答えました。

店員さんは「?」と少し不思議そう。

平日の朝のカフェというものは、主婦にとってはありえない時間と場所であるようです。

ですから少し緊張しますし後ろめたくなったりします。

こんなとき、専業主婦だと名乗るのは、主婦にとってなかなか勇気のいることです。

アサイーやパイナップル、マンゴーなどをブレンドしたホワイトティーです。ローズヒップと酸味のあるアップルでバランスのとれた味わいに仕上げました。

出典:スターバックスコーヒージャパン ユースベリー

 

 

【スタバ朝活】スタバ朝活 主婦の上着

 

「家事ならひとまずそこに残して朝のカフェでひとりになること」

それが主婦の私の平日・朝のセオリーです。

私は、平日、娘が登校したあとの、ひとりの家が苦手です。

なぜならそこは主婦として母としての使命に満ち満ちているからです。

流しに残された食器、目につく床のちり、ミシンで縫いかけのマスク…

そうしたことが、家中の、そこかしこに満ちています。

うっかり絡めとられると、たちまち、個人としての使命を私は忘れてしまいます。

ですから長居は禁物です。

平日の朝、なるべく私は、登校する娘といっしょに家を出ます。

向かう先は朝のカフェです。

そこで、主婦と名のつく上着をぬいで個人としての自分の姿に戻ります。

そして大きく深呼吸。

それが40代子育て主婦の私のルーティンです。

【スタバ朝活】スタバ朝活 主婦のひとり時間

主婦にはやはりどうしてもひとりの時間が必要です。

ひとりになって家族の誰のためでもない自分時間がないとダメです。

もしもそれができないと主婦以外の個人としての自分の使命を忘れます。

主婦は気がつかなくてはなりません。

家族といても手に入れられないものがあることにです。

主婦にとって家族は大事なものですが、生まれてきたからには主婦にだって、自分のための人生です。

主婦と名のつく上着をぬいで個人としてのあなたになってやりたいことはありますか?

もしすぐ思いつけないのなら、あなたは、自分の心ひとつと向き合う時間が足りていません。

もっと自分の内側に耳をすまして自分の本音を聞いてあげた方がいい。

それをしないと主婦以外の個人としての自分の使命に気がつけません。

ですからあなたも、近い未来に、

家事ならひとまずそこに残して朝のカフェにひとりになりに行きましょう!

 

【専業主婦の朝活】専業主婦の朝活 未来の種まき

【専業主婦の朝活】専業主婦の朝活 コーヒーアロマ もくじ 【専業主婦の朝活】専業主婦の朝活 コーヒーアロマ【専業主婦の朝活】専業主婦の朝活 マインドカラー展覧会【専業主婦の朝活】専業主婦の朝活 好きな ...

続きを見る

 

こちらオススメです

 

【家事 主婦 価値】家事 主婦 価値 主婦の価値観

主婦は今、人生を変える

続きを見る

表示数

  • この記事を書いた人

chiaki miyake

三宅千秋 みやけちあき 主婦のウェブ起業家を生業とする「主婦のひとり時間専門家」 「ひとり時間」に「ノートのお城」で「豊かな時間をつくる」という方法を使って、主婦の暮らしに「ルネサンス」を興す人。 主なあサービスコンテンツ:自分発見レッスン マイノートメソッド ブログ構築 主婦のウェブ起業

-主婦の朝活

© 2021 主婦のひとり時間専門家